しごと唄 Working Song

波賀の田植唄
Japanese rice-planting song in haga

兵庫県で歌われていた田植え唄です。
「しょぼん しょぼん」という掛け声が印象的な恋の歌です。

田植え唄だけではなく、米を作るあらゆる過程に唄が存在します。
雨乞いの唄、草とりの唄、もみすりの唄(手作業で精米するときの唄)もあります。

農業だけでなく、漁業、林業、機織り、酒造りなど、ありとあらゆる手作業と共に唄が残っています。
例えば酒造り唄は、時間を計るためにも唄われていたそうです。
人々がみんなで祈りを込めて唄っていた唄、作業を楽しく乗り切るための唄、人々と息を合わせて一つの作業を行うための唄まで役目は様々です。

代表的なものは、現在でも三味線や笛、尺八などの音楽をつけ、民謡として唄い継がれたり、祭りの中に残っています。

ここでご紹介するのは、民謡として唄いつがれてはいないけれど、各地に眠っていた可愛らしい小さな唄たちを蘇らせたものです。
温かく心に響く小さな唄を、ぜひ一緒に口ずさんでみてくださいね!

「みずほの国の米のうた」太鼓唄 七海LIVE

太鼓唄 七海のソロライブ。
カフェや小さなスペースでも演奏します。
温かい優しいしごと唄と楽しいお話をお楽しみください。

※現在、オンラインでのライブ配信準備中です。

「みずほの国の米のうた」太鼓唄 七海+郷音舎LIVE

太鼓唄 七海と、創作和楽団「郷音舎」のコンサート。
中ホールや大ホール、学校公演、イベントなどで賑やかに演奏します。

人々が協力して作業を行っていた風景を舞台でお楽しみください。

石場つき唄
Japanese working song in awaji

兵庫県の淡路島で歌われていた石場つき唄です。
「よいさー」という掛け声は、村人みんなで石場をついていた風景を思わせますね。
淡路では祝い唄としても唄われています。
コンサートでは、掛け声をかけたり田植え枠を使ってみたり、様々な体験も取り入れた楽しい音楽体験を提供しています。

更新日:

Copyright© 七海Official website , 2021 All Rights Reserved.