PROFILE

足立 七海
兵庫県出身。
10代で和太鼓アンサンブル「組太鼓」のルーツを探して単身で日本各地を行脚。
日本で初めて組太鼓を生みだした創始者である故・小口大八氏、故・山本幹夫氏に師事。
内弟子に入ったのち約10年間、公演班に所属しながら、国内はじめアメリカ・フランス・インドネシアなど各国の巡業に参加。

独立後、作家・早坂暁氏率いる女性和楽器集団「華弁天」(三味線・笛・太鼓・うた)や、アジア女性楽器のユニット(中国琵琶・二胡・琴・太鼓)、民謡歌手・木津茂理率いる民謡ユニット等にも参加し国内巡演。
同時に、日本の音楽専門誌「邦楽ジャーナル」や教科書ワークブックなどに和太鼓の記事を執筆。全国各地の演奏家や打法について取材を重ねる。
2010年、取材中に、過疎化で消滅の危機にある各地の郷土芸能の姿を知り、演奏家、写真家、デザイナー、ウェブクリエイター、野菜ジャーナリスト、イラストレーターなどさまざまなジャンルのクリエイターらでなる「日本のふるさと音めぐり」を企画。しかし各地で消滅しているスピードがあまりにも早いことを知り、東京でのすべての活動を休止し、故郷・兵庫県に拠点を移し、みずから郷土芸能の継承者として活動開始。芸能継承者、学校や地域団体などと共同で文化を次の世代に伝えていく手法を探るため、「郷音舎」「さとおと太鼓教室・研究会」を創設。同年、「文化庁 子どものための優れた舞台芸術体験事業」講師に選任。

兵庫県内を皮切りとして日本全国を歩きながら郷土芸能や作業唄、伝統産業などを訪ね、人間の身体のリズムに着目した音楽作品を多数作曲。
また、古文書に残る楽器編成を現代に蘇らせた音楽作品、遺跡から発掘された楽器の音階をモチーフとした作品、日本とアフリカの伝統音楽の比較を題材にした作品、電子音楽の音楽家らとの出会いから機械と人間のリズムを比較した作品など、あらゆるジャンルを縦横無尽に駆け回る作品制作を続け、演奏家としてだけでなく、多くの事業のプロデュース、コーディネイト、作曲、指導などを幅広く手掛ける。
2014年、自らのプロデュースで、「太鼓唄 七海とVONBON」兵庫、大阪、東京の4カ所公演を実施し、全会場のプログラムを変えて巡演、ほとんどの会場で完売、追加公演となる大盛況となった。
2018年には、イギリスより招聘をうけ、単身で現地の芸術学校やアートカレッジなどを訪問し、イギリス在住作家のコーディネイトのもと「米のウタ」ワークショップを開催。

全世代の人々が和楽器音楽や故郷の音楽を親しめるあらゆる角度からの切り口を提案し、その土地で培われて来た文化のなかに宿る智恵を現代に生かしていく手法を模索しつづけている。
2019年、組太鼓のさらなる音楽的進化を目標に作曲家に作品を委嘱。「作曲家と演奏家による組太鼓 新作公演」をスタートさせる。

Japanese Taiko Drummer and Vocalist born in Hyogo, Japan. Nami started to play Japanese Taiko Drumming and folk performing arts as a child, and at 10 years old, she went on a performing tour around Japan. Then, Nami learned to master the origin of Kumidaiko, Osuwa-daiko in Nagano. Nami learned Kumi-daiko from Daihachi Oguchi, an ancient stroke style from Mikio Yamamoto. She was selected as a world tour member and performed in the United States, France, and Indonesia. Then, she joined a female Japanese traditional instrunmental group produced by Akira Hayasaka, a novel writer, based in Tokyo and Kanagawa to perform with other Japanese and Chinese traditional instrunment players. In addition, Nami learned Folk Song Drumming from a Folk Song Singer, Shigeri Kizu. She was also a member of “Kizu Shigeri Syacyu”. Not only Nami plays Taiko Drums, but also she writes for school workbook, speciality magazines, and review clitique of CD as a Japanese Taiko Drum specialist. In 2010, Nami was appointed by Agency for Cultural Affairs to be a special lecturer for “ Great Perfoming Art Experiences for Child Project” and she was sent to Hyogo, her hometown. In a following year, Nami founded “Satooto Taiko School Kansai” in her hometown. She researched on Folk Performance Art and created new performing arts to pass on the extinguishing traditional performing arts. Getting supports from Hyogo Prefecture, she produced ”Miki Bujin-daiko” for town revitalize project with public school and local community. Nami also focuses on music in which she discovers and arrange old Shigoto-uta to make new sounding Taiko Drumming song. Those songs are good examples of her exceptional ability to regenerate traditional music from folk music and natural sounds in a new angle.

 

 

更新日:

Copyright© 七海Official website , 2019 All Rights Reserved.