works

七海が手がけている舞台

New Taiko Performance
作曲家と演奏家による組太鼓・新作公演

たのしい物語、わたしたちに必要なメッセージ。すばらしい世界の文学と音楽と絵画のコラボレーション。
芸術がだいすきな人々たちと、本当に良いものを創りたいと願って立ち上げました。

vol.1「風の太鼓〜インドラの網(宮沢賢治作)によせて」(2019.11.2神戸初演)

主催:組太鼓・新作公演実行委員会

七海が手がけているプロジェクトなど

神出神楽「郷音舎」SatoOtoSha
田植え、酒づくり、はたおり。
日本人の身体のリズムを抽出し、
日本の天と地とをつなぐ芸能、神楽、
そして舞台作品をめざして創っています。

みずほの国の米のうた

武陣太鼓 BuzinTaiko
戦国時代に軍楽として用いられていたスタイルを屏風絵から再現。
古文書から使用していた楽器をしらべて、現代に蘇らせたスタイルです。
関西全域で廃絶の危機にあった音頭を取り入れ、
むかしこの地で活躍していた武将達の物語を音、ことば、動きでつづります。

VONBON JAPAN
アフリカンパーカッション、ピアノ、ギター、電子楽器、写真家、アーティスト、ダンサー。
いろんな分野の世代をこえたアーティストたちと一緒にものづくりをしているアートユニット。
2014年に全国4カ所ツアー。その後、1stアルバムリリース。

企画・監修コンサート

和楽会Warakukai
子ども、おとな、プロフェッショナルの演奏家もアマチュアの演奏家、みんなで集う楽しい祭典。
兵庫の土地をひきいるリーダーを多く育てることを目的に創り上げ、地域に住む人々が実行委員会をつくって運営できる体制を生みだすためのプロジェクトでもあります。
これは、郷土芸能がむかし、全世代をつなぐ橋であったが、農業の高齢化や機械化、都市部にすべてが集中した一極集中型の社会により、日本の地方が弱り、次々と郷土芸能が消滅し、世代間を繋ぐ場所や、協力するという場所が失われたことを音楽、芸能、イベントの力で再生するためにつくった稽古場の中心的プロジェクト。2019年、初めて地域で育ったリーダーたちだけで運営。

主催:和楽会実行委員会

VONBON meets JAPAN2014全国4カ所ツアー
日本の和太鼓とアフリカのジャンベ、ピアノ、ギターなどで編成したユニットVONBONを率い、明石、大阪、東京、三木の四カ所でライブツアーを敢行。4カ所ともに異なる和楽器演奏家をゲストに迎え、日本の音の特異性を描きました。

 

農村にしごと唄ワークショップ
農業のなかで唄われていた唄を唄いながら作業をするという風景を再現するために行われたワークショップ形式のイベント。
田植唄、いなきかけ唄、もみすり唄をテーマに、休耕田を復田し、すべて手作業で米づくりをおこなう体験をしながら音楽や自然、田にまつわる伝統行事などを楽しみました。

主催:環境教育事務所リノワークス
共催:さとおと太鼓教室
監修:太鼓唄 七海(足立七海)

【海外公演 Overseas performances】

 

●イギリス公演+パフォーミングアーツワークショップ(イギリス)
Nami's solo Performance and Perfoming Arts workshop at in UK.

●JAPAN Wa-Taiko Professional Dream Teamメンバーとしてベトナム・ハノイ8公演(ベトナム・ハノイ)link
8 stage in Vietnam as Japan wa-daiko Professional Dream Team

●その他
・アメリカ公演 ポートランドローズフェスティバル
・フランス公演 ディジョン市オペラ座
・オーストラリア公演 パース
・インドネシア公演 バリ
・アメリカ ハワイ公演ほか
Portland Rose Festival,Hawaii in USA,France,Australia ,Indonesia and so on

【国内・国際組織関連事業 Live performance and Lecture】

●文化庁「子どものための優れた舞台芸術体験事業」
The Agency for Caltual Affairs"Performing Arts workshop for Children

●世代間交流学会(兵庫教育大学)主催「世代間交流活動」(ワークショップ製作・演奏・指導)
Intergenerational Workshop(Intergenerational Society,Hyogo University of education)

●JICA「アフリカ地域 地域保健担当官のための保健行政B(仏語圏)」(指導・演奏・舞台プロデュース)
JICA Health Administration forRegional Health Officer for African Countries

●兵庫県乳幼児子育て応援事業(プロデュース・演奏・指導/兵庫県姫路市)

●兵庫県宝塚市事業(作曲・振付・演奏・指導/兵庫県宝塚市)

●中国残留邦人への理解を深める集い(兵庫県神戸市)link

●御堂筋オータムギャラリーまちかどコンサート(大阪府)

●農業と音楽とのコラボレーション「農村にしごと唄ワークショップ」(しごと唄監修・演奏・指導/兵庫県三木市)

●大中遺跡祭り(兵庫県播磨町)

●こころを元気に明石でライブ〜被災地の子ども達を迎えて(兵庫県明石市)

●寿福寺 大般若法会 音楽コンサート「太鼓唄 七海の世界」(兵庫県神戸市)

●「太鼓唄 七海とVONBON」全国ツアー(東京・大阪・明石・三木)

●ロック&レゲエフェスティバル カシマツリ(長野県茅野市)

●パナソニック滋賀夏まつり(滋賀県)

●神戸アクセル格闘技イベント(兵庫県神戸市)

●兵庫県保育士会総会(兵庫県神戸市)

●ベトナム公演前夜祭with助六太鼓パフォーマンス(東京)

●「神舞姫Presents 第一回ダンス公演 『艶-en-』」横浜赤レンガ倉庫ホール(神奈川)
●「ふく蔵 雙龍&華弁天 ライブ」兵庫県加西市2日間ライブ(兵庫)
●「響」 メイプルハウス 2日間公演(東京)

【おもなワークショップ実施・指導校 Workshop】

イギリス・シュタイナースクール/オーストラリア・ワナルー高校/東京都立東大和高等学校/桜華女学院高等学校(東京)/長野県岡谷南高等学校/長野県岡谷市北部中学校/西部中学校(長野)/オーストラリア ワナルー高等学校/ 諏訪養護学校(長野)/緑が丘小学校(兵庫)/緑が丘東小学校(兵庫)/えびす保育園(兵庫)/広英保育園(兵庫)/横浜国大附属小学校(神奈川)/釜利谷中学校(神奈川)/三木高等学校(兵庫)/売布保育所(兵庫)/海響太鼓(長野)/万年太鼓(長野)/八幡本陣ともえ太鼓(福岡)/三木太鼓(兵庫)/三木武陣太鼓(兵庫)/日本太鼓塾(神奈川)/芦屋山手太鼓(兵庫・芦屋市)/母里保育園(兵庫・稲美町)/小浜保育園(兵庫・宝塚市)/売布保育園(兵庫・宝塚市)/ほか

【所属グループなどでのおもな出演 Performance as Member of Various Groups】
●as the Japanese instruments Group"Hanabenten"
「善通寺1200年祭」(香川/演出:早坂暁)
「大島准四国霊場開創200年記念 海響コンサート」バラ公園内特設ステージ(愛媛県今治市吉海町)
「トレッキング・ザ・空海 あいなん 記念セレモニー オープニングコンサート・花へんろコンサート」御荘文化センター(愛媛県愛南町御荘)
※早坂暁氏の講演「遍路みちから日本は蘇える」も同時開催

●as member of the Asian instruments Group"JASMINE" ジャスミン(アジア楽器女性グループ)
「カタリーニャス&ジャスミンコンサート」世田谷美術館・講堂(東京)
「マイク真木ライブ」ゲスト出演=ジャスミン(東京)
ジャスミンライブ「ジャスミッション」高円寺mission's(東京)
「ジャスミンライブ イン メイプルハウス」(東京)ほか

●as Member of the Shigeri Kitsu Minyo Group 木津茂理社中
「第28回 秀康会」日本橋劇場(日本橋公会堂4階ホール)
「国際交流基金・中央アジアツアー帰国記念「つるとかめ Live」EATS and MEETS Cay(青山スパイラルB1F)
「木津茂理社中」渋谷SONGLINES(東京)
「spring fields 09東京場所」(東京・日比谷野外音楽堂)ほか

●as Main performer of the Osuwa-daiko and Mikio Yamamoto's Taiko team
・全日本太鼓サミット1992~1998(長野)
・全国太鼓フェスティバルイン出雲(島根)
・全国太鼓フェスティバルイン津久見(九州)
・富士山・喜多郎賛歌(静岡)

【国内公演】
・岩波シネマカルチャーサロン イン俳優座劇場(東京)主宰=諏訪淳(岩波映画監督)
・天皇陛下ご即位10年奉祝パレード(東京)
・岡田打楽器合奏団公演 熊谷ほか(埼玉ほか)
・釜利谷中学校芸術鑑賞会(神奈川)
・横浜国大付属小学校芸術鑑賞会(神奈川)
ほか

【おもな執筆 writing about Japanese taiko】

2001-2011 Hogaku journal (Japanese instruments Monthly publication)
日本の音楽専門誌「月刊 邦楽ジャーナル」執筆、津軽三味線と和太鼓の専門誌「バチバチ」創刊参加
バチバチでは和太鼓巻頭グラビアページを担当し、日本中の和太鼓演奏家を紹介

・日本音楽専門誌「邦楽ジャーナル」(2001-2011)
・津軽三味線と太鼓の専門誌「バチバチ」(邦楽ジャーナル)
・中学校教科書ワーク(学宝社)
・邦楽200CD邦楽(立風書房)ほか

【おもなメディア出演 MEDIA】

NHK大河ドラマ「信長」出演
NHK「重低音スペシャル」出演
NHK「うたのなる木」出演

七海が作詞作曲を手がけた「Koiuta」(邦題は「恋唄」)がイギリスLONDON発Flomotion Radioにて紹介

ほか、ラジオ、新聞など多数

更新日:

Copyright© 七海Official website , 2020 All Rights Reserved.