しらべ

しごとうたシリーズ Japanese works songs

Human rhythm ヒトのカラダのリズム

I put human rhythm into focus.
By experiencing growing rice and some works with ancient work songs,
I write new percussive music.

むかし、人はうたいながら仕事をしていました。
田植えのうた、いなきかけのうた、もみすりのうた…。
民謡としてうたいつがれているものを参考にしながら、
現在はうたわれていないうもれてしまったしごと唄をしらべ、
むかしの仕事のスタイルを体験しながら、
あたらしい作品として蘇らせています。

Japanese Art Project with various artists

VONBON JAPAN2015-2016

東洋と西洋 現代と過去

VONBONの第2期では、VONBON JAPANと名前を変え、写真家の平松俊之(Toshiyuki Hiramatsu Photographer)、DJ・ベーシストの加賀山匡(Tadashi Kagayama)を迎えました。
ステージでは、写真家の平松俊之が手掛ける映像や写真などを直接、舞台に投影し、光と影の面白さを追求。音楽的には、和太鼓、篠笛、法螺貝など様々な和楽器の演奏、ウタ、郷土芸能の音、ロック、EDM、エレクトロ、世界中の民族音楽などのリズムやテイストを混ぜ合わせ、共同で制作。さまざまな芸能からリズムを抽出したり、音を加工していく試みで聴いたことのないような不思議な音が出来上がりました。ただただ楽しんで創った作品群です。
「しごと唄シリーズ」と同時に制作することで、両者を比較し、東洋と西洋の考え方を比較したり、ヒトのリズムを基礎とする日本と、機械のリズムにヒトを同調させ効率化を目指す西洋と、すべてが西洋化していく日本とを見据えることが出来ました。

VONBON JAPAN
V1
2016年7月10日発売
Japan/Kaizan/Leaf/Koiuta/Sansa
1800 円(税込)
発売元:Skybeat Creation
製品番号:VBJK-0001

VONBON2013-2014

すべての境界線をこえる

東京の地をあとにし、山や田んぼに囲まれ、隣の道をトラクターや時にイノシシが走り抜ける土地に移転。郷土芸能の継承者を探して受け継ぐこと、そして地域を元気にすることが日本を元気にすることと信じ、果たして、この地で音楽を続けていくことや発信することが出来るのか?そんな挑戦をするために、若手ミュージシャンを迎えて立ち上げたのが初期のVONBON。和太鼓やウタに、ピアノ、ギター、アフリカのバラフォン、ジャンベなどを加えた独自の編成で、2014年は明石、大阪、東京、三木の4カ所ですべて異なる和楽器演奏家を迎えたライブツアーを敢行。
あえて混沌とした音や、和太鼓がパフォーマンスばかりを追求し失いかけていた生命力に溢れた音をアフリカのジャンベとともに創りだし、その中で篠笛・能管・龍笛、和太鼓、箏(25絃)、尺八、琵琶という様々な和楽器演奏家によるソロ作品を組み込むことで、和の音のクリアさをカラダで感じてほしいと企画。土地により異なる音への価値観を大事に、全回プログラムを変え、東京のライブ会場に機材車で土付きの野菜と藁を運び込みました。

The Occident and the Orient  Past and present
東洋と西洋 現在と過去

In the world,there are many music in a state of trance.
I think the japanese taiko drum played   in a state of trance long ago.
I compose various music and live stage with Toshiyuki Hiramatsu(Photographer)and
Tadashi Kagayama(DJ,bassist).

VONBONの第2期では、VONBON JAPANと名前を変え、
写真家の平松俊之(Toshiyuki Hiramatsu Photographer)、
DJ・ベーシストの加賀山匡(Tadashi Kagayama)を迎えました。

Music VONBON2014大阪ライブ
25絃 山本亜美/能管 あかる潤
和太鼓 太鼓唄 七海/ほか