郷音春祭りトーク&ライブ

2017年4月22日(土)・23日(日)

写真家・平松俊之写真展「禅のこころ」ZEN
〈平松俊之メッセージ〉
今回のテーマである禅(ZEN)は、もともと仏教から来る、もののとらえ方、考え方なのですが、物に溢れ、情報に溢れ、ストレスが多く、欧米化された現代の日本(日本人)にとって見直すべき考え方ではないでしょうか。禅とZEN(マインドフルネス)。今回は第1弾として、今の私の考える禅、私の中にある禅を写真を通じて表現できたらと思っております。
今後、第2弾、第3弾と回数を重ねる事で、「何が禅なのか」を辿って行く、私の写真を通じた修行の軌跡となるかもしれません。
是非お運びください。22日のみ在廊しております。

【平松俊之プロフィール】
Toshiyuki Hiramatsu
Photographer, VJ , Movie Creator

様々なアートディレクションを手掛けるデザインチームに所属し、東京コレクションブランド、 海外ブランドなどファッション関係を中心とした撮影にたずさわる。
その後、日本音楽専門誌の巻頭写真を担当したことから舞台撮影の世界に入り、邦楽、和楽器、クラシック、ジャズ、ロック、民族音楽から、舞踊、演劇、バレエ、ダンスなどまで、さまざまなジャンルの日本を代表するプロフェッショナルのステージを撮影し続け、書籍、CD、DVDのジャケット写真、プロモーションやフライヤーなど幅広く用いられている。
また、着物専門誌や調査団体などの撮影も手掛け、各地の伝統技術や伝統芸能、自然風景などの撮影も手掛けている。
一方、写真の技法を用いた様々なアート作品を制作。
写真と絵画や映像、音楽を組み合わせた実験的な作品を数多く生み出し、独自の世界観を構築している。
日本舞台写真家協会々員。
http://hiramatsu.satooto.com

Photographer, VJ , Movie Creator,
Photographer, started photographing mainly Blands fashion,Both Japanese fashion and foreign fashion.
Belonged to a design team.The design team worked with various art direction.
In 2008 the photo he shot at an music concert became famous among musicians and
consequently he was nominated as the main photographer to the monthly music magazine.
He took photo on most of famous Japanese musicians and their stages for the first pages of the magazine.
He increased the target of photos far more widely, to promotion photo of professional musician, flyer, jacket on CD, DVD,BOOK.
Photo for various music like Jazz,classic music ,folk songs ,etc and for ballet,dance stages, theater.
He took photo also Japanese traditional technique,traditional performing arts and Japanese nature on KIMONO magazine,Company website,etc.
He is one member of the Japan Stage Photographers Society.
On the other hand,Toshiyuki create artistic works used photograph,video and picture.

4/22 アトリエトーク&ライブ
4月22日(土)19:00〜20:30(開場18:30)
場所:郷音舎2階アトリエ
料金:一般2000円(軽食・飲み物付き)
人数:ご予約制・人数限定・先着順
お問い合わせ:080-6166-5519

写真家・平松俊之の写真に囲まれながら、奏でられる和太鼓、篠笛、能管、龍笛、うた、絃楽器、鳴り物…。
神出の山を背景に綴られるひょうごの仕事唄やわらべ唄など伝統的な音を現代的なアプローチでユニークに表現したり、
素朴に綴ったり。ひごろ聞けない楽しいトークたっぷりのライブ。
​ご来場者みなさまに、手作りのおこわやお飲物をご用意してお待ちしております。

【出演】
平松俊之 Toshiyuki Hiramatsu(2F 平松俊之アトリエ代表)
様々なアートディレクションを手掛けるデザインチームに所属し、東京コレクションブランド、 海外ブランドなどファッション関係を中心とした撮影にたずさわる。
その後、日本音楽専門誌の巻頭写真を担当したことから舞台撮影の世界に入り、邦楽、和楽器、クラシック、ジャズ、ロック、民族音楽から、舞踊、演劇、バレエ、ダンスなどまで、さまざまなジャンルの日本を代表するプロフェッショナルのステージを撮影し続け、書籍、CD、DVDのジャケット写真、プロモーションやフライヤーなど幅広く用いられている。
写真の技法を用いた様々なアート作品を制作し、写真と絵画や映像、音楽を組み合わせた実験的な作品を数多く生み出し、独自の世界観を構築している。日本舞台写真家協会々員。
http://hiramatsu.satooto.com

太鼓唄 七海 TAIKOUTA NAMI(1F 音楽スタジオ・けいこ場「慈響館」代表)
兵庫県出身。和太鼓と唄に、さまざまな角度から挑んだ作品づくりを手がける。
10代より様々なジャンルの師について専門的な勉強を重ね2010年に文化庁「子どものための優れた舞台芸術体験事業」講師に個人で選ばれ、故郷・兵庫県に派遣。縄文時代、戦国時代などの古文書や屏風絵に残る様々な太鼓スタイルをモチーフに、三木武陣太鼓、郷音舎、VONBON JAPAN、さとおと太鼓研究会など多くのプロジェクトを立ち上げる。また、世代間交流学会主催「世代間交流活動」(2010)、兵庫県乳幼児子育て応援事業(2010・演奏・指導)、JICA「アフリカ地域 地域保健担当官のための保健行政B」(2013・演奏・指導)、農業と音楽とのコラボレーション「農村にしごと唄ワークショップ」(2014・しごと唄監修・演奏・指導)、兵庫県宝塚市事業(2015・作曲・振付・演奏・指導)などを手掛け、写真家、デザイナー、VJ、DJ、イラストレーター、インタープリターなど、あらゆるジャンルの専門家と共同制作するユニークな音楽活動を行う。http://nami.satooto.com

【ゲスト】
あかる潤 Jun Akaru
八百万の声(やおろずのこえ)を求め日本の横笛を研鑽している。
学習院大学文学部史学科卒業。NHK邦楽技能者育成会50期卒業。助六太鼓笛講師。
出雲大社楽人を務めながら雅楽、田楽笛を経て、長唄の竹笛、能管を研鑽。
赤坂日枝神社、広島厳島神社、他各地奉納演奏や助六太鼓、御諏訪太鼓、など様々な和太鼓団体と共演を続ける。また「アンサンブル室町」、「日本音楽集団」に所属し、現代音楽アンサンブルの演奏活動にも参画している。
幼少より母からピアノの手ほどきをうけ、曾祖父である作曲家弘田龍太郎(「浜千鳥」「春よ来い」等)の作品群の和楽器編曲、歴史と映像と音の融合など温故知新の創作活動をライフワークとする。昨年はドイツ、ジョージアなど海外公演にも参加。2016年4月はベトナムハノイの世界遺産タンロン城ステージおよび現地イオンモール特設ステージで和太鼓と創作舞踊のショーを企画し、数千人規模の動員を実現した。http://akarujun.silk.to

【助演】
​さとおと太鼓研究会
和太鼓をあらゆる角度から研究・演奏するグループ。
現在は、太鼓唄 七海と共に「仕事唄」にスポットを当てた作品づくりに挑んでいる。

​​