BLOG

笙演奏家・中村華子さんメッセージ〜「風の太鼓」11月神戸初演案内1

投稿日:

笙演奏家:中村華子
Hanako Nakamura
Sho player
今回は、「風の太鼓〜インドラの網(宮沢賢治作によせて)高橋久美子作」に出演して下さいます。

いよいよ、公演まであと一ヶ月となりました。

今日から、公演にまつわる様々なご紹介をさせて頂きます。
もうチケットをご購入頂いた皆さんも、これから!という皆さんも、
楽しんで読んで頂けたら嬉しいです!

では、今日からは、演奏家をお一人づつご紹介させて頂きます。
じつは本公演は、兵庫、長野、東京の3カ所を結ぶプロジェクトでもあり、
3カ所から演奏家の皆さんが神戸に集って音楽を奏でます。

なおかつ、日本の音楽のなかでも、まったく異なるジャンルに属する楽器たちが大集合!
一緒に聴くことの少ない楽器が、作曲家さんの手によって新しく編成されているのです。

また、日本を代表する童話作家・宮沢賢治氏の「インドラの網」という物語の世界を音で表現する、というテーマに和楽器で挑んでいます。

それでは、まずご紹介させて頂くのは、笙演奏家の中村華子さん。
ご本人から直接メッセージを頂きました。

「華子さんと楽器の出会いの瞬間を教えて下さい!」

私が演奏している楽器「笙」は雅楽という日本の伝統音楽で使用されます。
大人になるまで雅楽というものを知りませんでした。
音楽大学に入り、専門ではなく授業として、三味線、箏、ビオラダガンバ、チェンバロなど普段触る機会のない楽器を習える授業があり、その中に雅楽の授業も入っていました。
どれにするか選ぶときに、もちろん日本の楽器にも興味はあったのですが、当時正坐が苦手だったので諦めようとしたら、友人から「雅楽は正坐じゃなくて胡坐でやるんだよ」と言われたので、雅楽の授業を選びました。その中でなぜ笙を選んだのかは.....全く覚えていません。

「ジャンルの成り立ちや(歴史編成)、楽器についてのすばらしさを教えてください」

雅楽は奈良時代の頃、朝鮮半島や中国大陸、またそのもっと西の方の国の音楽や舞楽がシルクロードを渡って日本にやって来ました。そこから日本人に合うように変化し、平安時代には大体現在の形態になってと言われています。楽器を使った音楽だけでなく、歌や舞も含めて雅楽です。
現在では、宮内庁式部職楽部の雅楽がユネスコ無形文化遺産に指定されています。

笙のすばらしさは、何と言っても一吹きしたら、一気にのその場の雰囲気がキラキラすることでしょうか。

「1人の演奏家として、どんな境地を目指していらっしゃいますか」

演奏家にはタイプがいくつかある思います。ソリストタイプ、共演者タイプ、合奏タイプなど。
全員がソリストになってしまったら、音楽は成り立ちません。また音楽は一人ではできません。私はアンサンブルが好きで、一緒に演奏する人がどうやったら際立つか、演奏しやすいかなどを考えるのが好きなので、わき役タイプ。映画やドラマで主役じゃないけど色々なものに出演している名ワキ役の方がいますよね?そんなワキ役奏者を目指しています。

「子供達にや人々に伝えたいことなどメッセージをお願いします」

人には得意なもの不得意なものがあります。
私も子供の頃から色々な経験をし、小さいながらも挫折や諦めざるえないことなど経験しました。
努力も大切ですが、何よりも大好きなことを見つけるのが一番だと思います。
そうすると自ずと努力もします。
未だに雅楽奏者として向いているのかどうか分かりませんが、私が続けているのは大好きだからです。
何でも良いんです。大好きなことが見つかりますように!!

華子さん、素敵なメッセージをありがとうございました!
華子さんのプロフィールはコチラ

作曲家と演奏家による組太鼓新作公演vol.1

風の太鼓〜インドラの網(宮沢賢治)によせて
山本麻琴「阿修羅」(小口大八作曲)
「みずほの国の米のうた〜兵庫の作業唄より」(作:足立七海)

◆日時:2019年11月2日(土) 開場17:00 開演17:30
◆場所:新長田勤労市民センター別館・ピフレホール(兵庫県神戸市)
JR/新長田駅、神戸市営地下鉄/新長田駅より徒歩1分
山陽電鉄/西代駅から徒歩7分

◆出演:足立七海(太鼓・うた)・創作和楽団「郷音舎」
◆ゲスト出演:あかる潤(笛)・中村華子(笙)・山本麻琴(太鼓)

◆入場料:前売2500円/当日3000円/未就学児膝上無料

【チケットの発売場所】

●郷音舎(まとめてのお申し込み受付も致します)

1、メールフォームより

以下にお名前、お電話番号、メールアドレスとご希望枚数をそえてお申し込み下さい。
うまく入力できない場合、3日経っても返信がない場合は、おそれいりますが、
satoototaiko★gmail.com(★を@に変えてお送り下さい)か
080-6166-5519までご連絡下さい。

メールフォームはこちら

●イープラスでお申し込み
https://eplus.jp/sf/detail/3019200001-P0030001

クレジットカード、コンビニ/ATM(セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン・ミニストップ、ペイジー対応ATM)でお支払い可能
受取方法 は、配送【宅配便】、セブン-イレブン、ファミリーマートが選べます。

 

Photo:Toshiyuki Hiramatsu

次回は、長野県からお越し頂く山本麻琴さんです。
お楽しみに!

-BLOG

Copyright© 七海Official website , 2019 All Rights Reserved.