全国の和太鼓愛好者にむけてプロデュースした「伝承者にきくvol.1」がスタート!

伝承者にきく

私たちが打つ太鼓のルーツとは?
そんな問いを持って10代から日本中を歩き、のちに和太鼓の専門誌も執筆した経験をもとに、
さまざまな太鼓にまつわる歴史を、現代に伝承する人々から受け継ぐための企画。

実演、映像や写真を見ながら、伝承者の人としての育ち方や考え方に触れる講演、
音楽の成り立ちを体験することで把握する体験コーナーなど、
あらゆる角度から立体的に「伝える」ということに取り組んだ企画。

第1回目は、2017年10月14日(土)兵庫県立人と自然の博物館ホロンピアホールにて開催。
伝承者は組太鼓(和太鼓アンサンブル)を創始した故・小口大八氏の孫にあたり、
幼い頃から、祖父、両親ともに和太鼓演奏家というなかで育った山本麻琴氏の
御諏訪太鼓伝承者としての素顔にせまった。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)